ウエイトレスがテーブルの上に見つけたものが泣ける。知っておきたい話。





ジョニー・バーネットというカントリーシンガーが昔本に書いたお話が、改めて再び良い話ということで、ネット上でシェアされています。細かいところは原作から少し形を変えています。また文化的にも違うので「こんな、助けるのは当たり前だろ」と思われる方もいるかもしれませんが、そこはワイルドなアメリカ!日本の常識は通じません。しかし話の要点は変わらないので、その良さは私たちにも伝わってきます。


続きはこちら
↓ ↓ ↓

  ある日の夕方、もう暗くなり始めた頃、道端にいるおばあさんに助けが必要なところを男性が見かけました。彼はおばあさんのベンツの前に自分の車を停めて、車から降ります。彼がおばあさんに歩み寄ると、年代物のフォードはブルブルっとポンコツな音を出します。 彼の顔には笑顔がありましたが、おばあさんは心配でした。もう1時間くらい車が止まっていましたが、助けてくれる人は居ませんでした。自分に乱暴されるのか?彼は怖い感じで、貧乏でハングリーな感じに見えます。 彼はおばあさんが寒さの中で怖がっていることを察しました。おばあさんの気持ちが分かります。そしてその寒さは心配によって増しているのも分かりました。 「おばあさん、大丈夫ですよ。中の方が暖いから車に入っていてください。あ、あと私はブライアン・アンダーソンともうします。」と彼は言いました。 原因は単なるパンクでした。 でもおばあさんにとっては、それでも大変だったのです。ブライアンは車の下に入り。ジャッキを取り付ける場所を探しましたが、こぶしに少し傷がつきました。タイヤの交換はすぐに終わりましたが、ちょっと汚れた上に手を少し痛くしました。 彼がタイヤのボルトを締めていると、おばあさんは車の窓を下ろし、話し始めました。セントルイスからの移動の途中で、彼が止まって助けてくれたことに対して、どれだけ感謝して良いのかわからないと言いました。 ブライアンは微笑んで、おばあさんの車のトランクを閉めました。おばあさんはいくら払えばいいかと聞きました。どんな額でも払うつもりでした。彼が止まってくれなかったら、とんでもないことになると思っていたからです。 ブライアンはお金のことなど全く考えませんでした。 これは彼にとって仕事ではなかったからです。困った人を助けただけです。過去に彼も色々な人に助けられました。今までずっとそのようにしてきました。困っている人を助けないなど考えられません。 彼はもしおばあさんがお金を払いたいなら、その代わりに次に誰か困っている人がいたら、その人を助けてくださいと言いました。そして「私の事を思い出してくれるだけで十分です」と言いました。 彼はおばあさんの車が去るまで待っていました。その日は寒くて滅入る日でしたが、家路に着いた時にいい気分でした。夕暮れに向かって走って行きました。 おばあさんが数マイル運転すると、そこには小さなカフェがありました。中に入って何か軽く食べる事にしました。そして少し暖をとり、残りの運転を乗り切るためです。みすぼらしい感じのレストランでした。外にはガソリンのポンプが2台ありました。おばあさんにとって見慣れない感じでした。ウエイトレスがおばあさんの濡れた髪のために、綺麗なタオルを持ってきてくれました。彼女は丸一日立ちっぱなしで働いていても消えない、優しい笑顔を持っていました。おばあさんはウエイトレスが妊娠8ヶ月くらいである事に気づきました。それでも疲れや痛みが、彼女の態度を変えることはありませんでした。おばあさんは何故こんなに貧しいのに他人を助けてくれるのかと思い、ふとブライアンの事を思い出しました。 食事を終えたおばあさんはテーブルで、100ドル紙幣で支払います。ウエイトレスはお釣りをキャッシャーに取りに行きますが、その間におばあさんはもう外に出て行ってしまいました。ウエイトレスはおばあさんがどこに行ってしまったのかと考えていると、ナプキンに何か書かれている事に気づきました。その文章を読むと、彼女の目には涙が溢れてきました。そこには「気持ちです。私も辛い思いをした事があります。私もこうやって助けられました。もしお返しがしたかったら、この慈しみの連鎖を途切れさせないでください。」と書いてありました。 ナプキンの下にはさらに100ドル札が4枚ありました。 ウエイトレスはテーブルを片付け、ボールに砂糖を補填し、他のお客さんに食事を出し、ようやく1日が終わりました。その晩彼女は家に帰りベッドに入ると、あのお金の事とおばあさんからのメッセージについて考えました。どうやってあのおばあさんは自分と旦那さんがお金を必要としていたのか分かったのか不思議でした。来月には赤ちゃんが生まれるので、大変になるこということを。 彼女はどれだけ旦那さんが心配していたかを知っていました。彼は彼女の横に寝ており、軽くキスしてから囁きました。「なんでもどうにかなるから大丈夫よ。愛してる、ブライアン・アンダーソン。」 「情けは人の為ならず」と言いますが、私たちもこの「慈しみの連鎖」を友達と分け合いましょう。



【リンネテンセイ】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう!



感動系の最新記事