【涙腺崩壊】4歳の時両足を失って「バスケットボールの少女」と呼ばれた彼女の夢と果敢に生きる姿に感動…!





中国の雲南省で暮らすチエン・ホンイエン(錢紅艶)。

彼女は3歳の時に大型トラックに轢かれ、

下半身を失ってしまいました。

事故の時の様子を、

母のジョウ・ファンピンさんは今でも鮮明に憶えているそうです。

「事故の瞬間、気がついた時にはもう遅かった。

 私は道の反対側に立っていて、何もすることができなかったの。

 小さな娘が大きなタイヤの下敷きになってしまった時の光景は恐ろしかった。

 きっと一生忘れることはできない。」


続きはこちら
↓ ↓ ↓

チエンの命を救うために、医師達は苦渋の決断をします。

それは両足、寛骨、さらに下の肋骨の切断。

チエンは上半身だけの身体となってしまいました。

しかし、家は貧しく、僅かな水田と桑畑があるだけ。

義肢などの高額な補装具を購入することなど、

とても出来る状態ではありませんでした。

体の重心がうまく取れず、

何度も転んでしまって顔の傷は増えていくばかり。

そんなチエンがチエンが再び動き回れるようなったのは

祖父のお陰でした。

孫が少しでも楽に動けるようにと

バスケットボールに穴を開けてチエンの胴体に装着。

そして2枚の木の板から手で掴めるハンドルを作ってくれました。

それからは、このバスケットボールが彼女の足となったのです。

lo

「朝起きたら、足が凍るように冷たく感じた。

だからママに『靴下を履かせて』て頼んだけれど、ママは何も言わなかった。

かわりにママの涙が私の顔に落ちてきた。

その時に分かったの。

これから先は靴下も靴も必要ないんだって。

もちろんズボンもね。

でも、もう大丈夫。

だって、バスケットボールを履いてるんだから!」

k

2005年、このことを知った中国の記者たちがチエンの家を訪れます。

9歳だったチエンは記者たちの前で

「ほら見て!こんなこともできるんだよ!!」

と、笑顔で逆立ちを披露。

記者たちはその姿に涙を抑える事ができなかったそうです。

チエンは両足がなくても、明るい性格でいつも笑顔でした。

ll

「バスケットボールの少女」の話は中国だけにとどまらず、

海外でも知られる事となりました。

そして、たくさんの人からの支援が集まります。

チエンは学校に通えるようになり、

初めて身体に合わせて作られた義足を身につけることができました。

oi

ところが2007年、二人の弟も学校に通いはじめ、

家は経済的に苦しくなります。

家事の手伝いもしなければならなくなり、

チエンは学校に通い続けることができなくなります。

そんなとき、

障がい者水泳の国家代表チームのコーチを務めていた

チャン(張鴻鵠)さんから、オファーが届きます。

「一緒に水泳をやってみないか」

そしてチエンは中国初の障がい者の水泳チームに入りました。

「他の子たちよりも泳ぎを習うのは難しかった。

 全く浮かべなくって、どんどん沈んでしまって。」

それでも諦めずに頑張ったチエン。

hu

パラリンピックに出場する夢を持って水泳に励んできた結果、

2008年に開かれた雲南省障がい者水泳競技大会で、

金メダル3つを勝ち取ります。

そして2009年に、

全国障がい者水泳大会で金メダル1つと銀メダル2つを。

2010年には、浙江省で行われた全国大会で

銀メダル3つを獲得するという輝かしい成績をおさめ、

彼女は、2011年に開かれるパラリンピックに

出られる資格を手に入れます。

しかしその年、チエンにとってとても悲しい出来事が起きました。

hj

チエンの為にバスケットボールを作ってくれた

おじいさんが天国へ旅立ってしまったのです。

ショックで心が揺れてしまったのか、

チエンは予選を通過することができませんでした。

彼女はしばらくの間、実家で休養をとる事にしました。

当時、彼女はインタビューに対してこう話しています。

「競争することで、たくさんのプレッシャーを受けていた。

 それは、私が自分自身に与えていたプレッシャーだったのかもしれない。」

gy

チエンは休養中も再び競技に参加するためのトレーニングを続けていたそうです。

そして2014年、雲南省で開かれた障がい者スポーツ大会にて復帰したチエンは、

100m平泳ぎで金メダルに輝きました。

毎日4時間ものトレーニングをこなすチエン。

現在は2016年にブラジルで開催されるパラリンピックを目指しています。

0331

今年、二十歳を迎えたチエン。

さらに新しい義足を身につけて嬉しそうな様子ですが、

今でもバスケットボールは持っているのだとか。

「プールから出る時は、ボールの方がずっと楽なの!」

0332

穴の開いたバスケットボール、義足、そして毎日4時間ものトレーニング…

貧困と障害、困難な運命も笑顔で乗り切り、自分なりの道を果敢に突き進んでゆくチエン。

その姿は世界中の人々に勇気を与え続けています。

ぜひ、パラリンピック出場の夢を叶え、金メダルを獲得して欲しいですね!

------

いかがでしたか?

こんなに酷い状態でも笑顔で乗り切ってる彼女は本当に素敵ですね!!

ぜひこれからも頑張ってほしいと思います!

参照元URL:http://warota-book.net/archives/5063




【リンネテンセイ】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう!



感動系の最新記事