【悲報】iPhone 6sがスゴすぎて購入不可避www





 

iPhone6Sがすごすぎる!!!

これは欲しい!!!

 


続きはこちら
↓ ↓ ↓

カメラが1,200万画素になった

iphone6scam
iPhone4sから一貫して

800万画素で固定されていた

メインカメラ(iSightカメラ)は、

ついにiPhone6sで1,200万画素へと

進化を遂げました。

もちろんカメラの良し悪しは

画素数だけで決まるものではありませんが、

同じ800万画素でもiPhone4sからiPhone6まで

随分と画質が向上してきたこと、

一説には夜景など暗所での撮影性能が

かなり向上しているのではないか、という噂もあります。

またフロントカメラ

(FaceTimeカメラ)も、

iPhone5の120万画素から

一気に500万画素へと

性能は大幅アップしました。

動く写真が撮れる新機能「Live Photos」も、

6秒間だけの動画を撮影できる

流行りのSNSサービス「Vine」を

意識したものであると考えられ、

高画質+動く写真とあいまって、

自撮りユーザーにはかなり嬉しい

アップグレードとなるのではないでしょうか。

4K動画が撮影できるようになった

perfume アップル CM
ソニーのXperia Zシリーズや、

サムスンのGalaxy S6など、

ごく一部のスマートフォンに限られていた4K動画撮影が、

iPhone6sでも可能となったのは嬉しい限りです。 これまでiPhone6シリーズで撮影出来ていた

高画質動画を更に上回るような――

個人的にはiPhone4sでもパソコンで視聴するうえで

何の不都合も感じなかったほどですが――

文字どおり、圧倒的な画質体験が出来ることは間違いないでしょう。

ただしその一方で、4K動画は大量の容量を消費するため、

動画1分につき350MBを必要するというという調査も出ています。

したがって16GBの場合、

初期状態でも30分ほどの動画を撮影するだけで

内蔵ストレージが埋まってしまうことになります。 iOS9では「iCloud Photo Library」なる機能が搭載されており、

積極的にiPhoneが写真をクラウドへアップロードし、

容量を確保するように取り計らってくれますが、

動画でも同機能が適用されるのかどうかについては分かっていません。

メモリは倍増・バッテリーは減少

Apple 新製品 開発
長らくiPhoneシリーズのメモリは1GBで統一されていましたが、

ここに来て2GBへと倍増されることになりました。

問い合わせても回答がブレているようですが、

公式見解として2GBであるという情報が伝えられていることから、

まず間違いなく2GBと考えてよさそうです。

iPhoneはメモリが1GBでも、シーンによっては

3GBのメモリを搭載するGalaxy S6を上回る

パフォーマンスを見せていたことを考えれば、

メモリ倍増で大きなパフォーマンス向上が

見込めるのは言うまでもありません。

もっともこの2GBは決して「蛇足」などではなく、

4K動画撮影や動く壁紙など、

システムメモリを消費する機能が

多く搭載されていることによる必然性の観点から、

搭載されたものであることには留意しておきたいです。

iphone6s バッテリー
一方で、バッテリー容量は1,810mAhから

1,715mAhになることが確定的となっています。

世の中のハイエンドスマートフォンが

2,000mAhでも心もとないと言われているなか、

いかにiOS9で消費電力が抑えられたとはいえ、

よりにもよってバッテリーの容量を減らすという

決断を下したことは、容量を犠牲にしてでも、

スリムなデザインを維持することに、

よほど固執したかったのだと思われます。 Apple Watchでファッション業界との

親和性の高さを見せている昨今のアップルを見れば、

そこまで驚くに値するようなことでもないですが……。

なお名目上は、iPhone6sとiPhone6の駆動時間は

変わらないとされています。

折れにくくなった

iphone6s ディスプレイ ベンチマーク
すでにApple Watchに用いられている7,000系アルミニウム合金が

ボディーに使われることによって、iPhone6の2倍以上

強度が高まっていることが明らかになっています。 iPhone6は、ズボンの後ろポケットに突っ込んで

車を運転していただけで折れ曲がってしまうような

「ベンドゲート問題」が一時期話題になっただけに、

強度が大幅に高まるのはありがたいことですね。

ただし個人的には、ボディよりもガラスの強度を上げて欲しいところです。

Force Touchが使える

Force Touch
新たにiPhone6sより搭載される

Force Touch(感圧センサー)では、

タップ、ライトプレス(軽押し)、

ディーププレス(深押し)の3種類の動きで、

ショートカット操作を行うことが可能です。 例えば、マップをディーププレスすると、

手順がスキップされ経路案内に飛べたり、

Safariでディーププレスすると、ウェブサイトのプレビューを見れる、

曲を演奏待ちにしたいときはディーププレスするだけ、

画面の端をディーププレスするとホームボタンを押さずに

アプリを切り替えられる……といった具合です。 今後はこのForce Touchが、次世代スマートフォンの

ユーザーインターフェイスとして主流となっていくと

考えられているだけに、いち早く体験したいというユーザーには

打って付けの新機能なのではないでしょうか。

iPhone6s
iPhone6からiPhone6sになって、

やはり何が1番大きく変わったかを実感できると言えば、

カメラでしょう。メインカメラが1,200万画素、

フロントカメラが500万画素で4K動画撮影という機能は、

文字通り最先端のスマートフォンだと形容することが出来ます。 他のスマートフォン・メーカーも、最近では

押しなべてカメラ性能をウリにしていることを考えれば、

もはやユーザーを大きく惹きつける要素が、

カメラ性能の如何に集約されていると言い換えることも出来ます。 sシリーズであるにもかかわらず、マイナーチェンジとは

言いがたいレベルの性能向上を遂げたiPhone6sですが、

iPhone6sでここまで変更が加えられたのであれば、

新規格のiPhone7は一体どうなってしまうのだろう

という思いもあります。 ただし、これまでのアップルの傾向からみて、

カメラの画素数をモデルごとにめまぐるしく変更することはないと思われるため、

カメラに関してはiPhone6sの性能が維持されるのではないでしょうか。

したがって1つの提案として、カメラにこだわるのであればiPhone6s、

そうでもないのであれば、iPhone7を待ってみるという選択が面白いかも知れません。

引用元:http://iphone-mania.jp/news-84012/




【リンネテンセイ】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう!



トレンド系 // びっくり系 // 感動系 // 面白系の最新記事