【悲しい事実】調布墜落事故で死亡した鈴木希望さん事故直後のある行動が、可哀想過ぎて涙が止まらない。。。





調布で起きた飛行機墜落事故で死亡した

鈴木希望さんが事故直後のある行動が

可哀想すぎて言葉にならないと話題のなっている。。。

続きは次ページで


続きはこちら
↓ ↓ ↓

「はきはきとあいさつをする明るい性格だった」。 鈴木さんが転居前に住んでいた調布市内のマンションの女性(57)は、そう話した。中学生の頃、近所で増えていた野良猫を保護して、里親を探そうとしていた姿が印象的だったといい「動物が好きな優しい子だった。不運な事故に巻き込まれてかわいそうで、いまだに信じられない」と思いやった。 鈴木さんは26日昼前、調布飛行場近くの自宅の2階にいて事故に巻き込まれたという。トリマー(ペットの美容師)の仕事をしていたといい、自宅で犬を10匹ほど飼って可愛がっていた。  事故当時も犬を外へ逃がそうとする姿が目撃されていた。同じ家にいて軽傷を負った50代の女性は、一緒に引っ越してきた母親とみられている。  近所の人たちによると、この家はもともと母親の実家だった。以前は親族が住んでいたが、別の場所に転居し、鈴木さん親子が引っ越してきた。母親は周囲に「自治会に入るのでよろしく」とあいさつ回りをしていたといい、自治会長の女性(42)は「礼儀正しくきさくな印象だった」と話した。  鈴木さんの叔母と親交のある近所の女性(58)は「めいは優しくて、かわいい子だと聞いていた。飼っていた犬を逃がそうとして煙にまかれたのではないか」と話し、「なぜこんなことになったのか」と残念がった。  【深津誠、一條優太】

参照元:http://buzz-site.click/article/detail/1693




【リンネテンセイ】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう!



感動系の最新記事