【ついに判明】名探偵コナンの最終回構想が流出!工藤新一に戻ったコナンだったが怪盗キッドが現れた途端、意識が朦朧として体が小さくなり・・・【画像あり】



言わずと知れた日本を代表する推理マンガ『名探偵コナン』

1994年から連載されており、コミックスはすでに90巻にも及ぶ長期連載中のマンガである。

そんなコナンでは、果たして真の黒幕は誰なのかという議論が頻繁に行なわれている。

だが、ついにコナンの最終回の構想が流出してしまったのだ!

そのお話では、元の工藤新一の姿に戻ったコナン。

しかし目の前に怪盗キッドが現れた時、意識が朦朧とし始め、気づくと体が小さくなっており・・・。

エピソードの詳細は次のページで…!


続きはこちら
↓ ↓ ↓

かなり衝撃的な内容です! そのため、続きはこちらをご覧ください・・・

 ↓ ↓ ↓ 

http://kuruly.net/archives/893/




【リンネテンセイ】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう!



びっくり系の最新記事